February 15, 2015

玉階怨

玉階生白露
夜久侵羅襪
却下水晶簾
玲瓏望秋月

李白の「玉階怨」。


想い人を待つ詩。


杜甫や李白の詩を原文で読みたいのですが、平日、週末、時間があ〜りません。


今年に入ってギターを触ったのも数回という大賑わい状態が続いております。


よって、ブログする暇もなく、3月になろうとしております。







casaloca at 03:40コメント(0)トラックバック(0) 
MISC 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Monthly Archive